カコの週末

普段あたしが思っていることを特にカテゴライズせずに書く自由日記!

草食系の男ごころとは

恋愛の哲学というかな、人それぞれいろいろな価値観があるね。でも一人暮らしの気楽さも楽しみの一つだよね。そうだね。
それはそうと、親しい友人は交際2年目で初ベッドインしたらしいけど、そういうラブロマンスもあるのね。選定に厳選を重ねているうちに大好きな男はとられていくのよねぇ。
それはそうと、ラブロマンスに年令は関係ないと言うけれど、年令があまりに合わないカップルは駄目でしょ。女性心理を理解できる男性はたいていは意外と少ないものですねー。


お見合いというのは女盛りを過ぎたひとがするものなのかな。ていうか、わからない。って、一生一人暮らしと比べたら、例えてみれば職場婚も全然問題ないよねー?
けど結婚活動 を始めてみたものの、依然としていろんなことが大変。んー、次回のパーティーでは前回のような失態は敬遠するようにしたいものだね。
外貌が駄目でも家族志向なのは男の子として合格かも、と思える今日この頃。なんとなく恋愛経験が豊富というのはアドバンテージなんだけどなあ。あたしはどうなの?
多数のメンズと遊びたい。とはいっても、甘い言葉には慎重に対応しないとね。言い争いしてはじめて見えてくる相手のチャームポイントや本当の人柄にべた惚れしたり逆にどん引きしたりだよね。確実にチヤホヤされる手段を誰か教えてください。
それにしてもいまだにラブロマンスの古傷があって躊躇しちゃうんだよね。シンプルな方向に走ると突然自分を見失いそうで辛い(+_+;)。
おとといも齢不相応な男女カップルを見たけど、ああいうのも楽しそうで面白いものだね。恋愛での駆け引きでは相手のリアクションにしっかり注目するようにしたいところですね。
ユーモアがないひとでも実際におつきあいしてみると予想外に男っぽいパーソナリティな場合もあるから楽しいのよね。


カテゴリー:片想い

--nice links--

« ガリガリな男の子は苦手かも    メンズの反応、女性のリアクション »
Copyright © 2009 カコの週末. All rights reserved